食品>> 麺類>> うどん>> ほうとう

ほうとうの美味しさを知ってください^^お試しほうとうセット ジャスト1000円!【山梨県】【生うどん】

価格:¥1000- カードOK 送料別 税込み


■商品コード:foodmagazine:10000220
当店の人気商品はいかがですか?簡単お手軽調理♪甲州ほうとうの作り方ご用意するもの生ほうとう・出汁(本だし等)・味噌・季節の野菜(一例・かぼちゃ・じゃが芋or里芋・ニンジン・たまねぎ・白菜・生シイタケorナメタケorしめじ・長ネギ・各種精肉類or鮮魚類)1:ほうとう鍋は全部一度に煮込むのが特徴ですが、気になる方は下記の要領で鍋に入れていって下さい。4:生ほうとうを鍋に入れます(ほうとうに付着した片栗粉が程よいトロミ感を演出しますので決して、粉をはたかないで下さい)2:大きい鍋に水(1人前あたり約250〜380ccのだし汁)を入れ沸騰したら硬い野菜の順番(かぼちゃ→ジャガイモ→人参→玉葱→白菜→生椎茸→長葱→(肉・魚他各種)5:軽く煮え立ってきたら味噌を入れます。3:各素材を入れたらひと煮経ちします。6:ほうとうが煮えたら完成の合図です。※お好みの味に仕上げる場合は味醂・醤油・味噌を足してください。ほうとうには決まった野菜や肉、魚などを入れる法則がございません。お客様の地方で取れる、地物の特産品なども入れて見ると、よりオリジナリティー豊かなほうとう鍋が出来上がると思います。熱々ほうとうの完成ですネギをたっぷりと刻んで「薬味ほうとう」や「月見ほうとう」にしても絶品です。ほうとうに絶品な薬味><。。。度々登場してます!富士五湖の味、絶品薬味すりだね(たくれ辛し)「激辛ゴマんぞく」「ピリ辛ゴマんぞく」ほうとうにも合うんです♪ほうとうに合う激辛ゴマんぞくをお試し下さい!ピリ辛はコチラ和の鉄人に選ばれた山梨県ナンバー1の麺達と入手困難な地味噌の合わせ技!とっても貴重でと〜っても希少なセットを試してみませんか??よく、「うどん」と「ほうとう」の違いはナンですか???と尋ねられますが、極めて簡単です。うどんは下茹でをしてから食しますが、ほうとうは生状態のまま打ち粉を払わずに煮込みます。 「うどん」や「そば」などは出汁を合わせ、のど越しの良さや歯ごたえをかみ締めて食べるのに対して「ほうとう」は小麦粉そのものを他の具材の旨みと溶け合わせて味わうものなのです。それゆえに、かぼちゃなど割と溶けやすい材料と合わせて食べると絶妙な美味しさを発揮致します。また、うどん・・特に吉田のうどんのような歯ごたえを重視するような場合は小麦粉をこねる際に塩を入れますが、古来からのほうとうは塩を入れません(現在のほうとうは風味づけ程度に入れるそうです。) 本来ほうとうの具材には決まりが無いのですが、山梨県民以外の方には『ほうとう鍋』と言われるように寒期に採れる材料がマッチするようです。 巷では「ほうとう」のサブタイトル『うまいもんだよ!かぼちゃのほうとう』状態ですが、もともとは貯蔵が効く野菜で作られていたときに唯一の緑黄色野菜であるかぼちゃが大変にマッチし、重宝がられていたことが現在のほうとうに繋がっているのだと推測されます。尚、意外なことに昔は肉食が盛んだったそうであり、牛や豚から鹿・猪・狸・狐・兎・熊、鳥などは雉・山鳥・鶉(ウズラ)・鴨・・・そして・・なんと鶴まで(汗また、ほうとうはその作り方の手軽さゆえ、現在でも山梨県民の家庭食として全盛を誇っております。お鍋に水(出汁)を入れ、煮え立ったら同時に全部の具材を入れてしまいます。ある程度煮込まれたらお味噌を入れてひと煮立ちで完成です。【上記の文面で不安な方は(かなりいると思われますが^^;)、煮えにくいお野菜を入れた後ほうとうを入れて煮えやすい野菜を投入後、肉や魚を入れてお味噌を解きます。】ほうとうは身体に優しい食事です。お野菜たっぷりで栄養価も高い。是非ご家庭で実践してみて下さい。セレクトさせて頂いたのは甲州を代表する丸新製麺の極上なほうとう麺。山梨県が主催した和食とフレンチの饗宴「やまなしグルメMagic」において、料理界の重鎮達がいっせいにココ山梨に集いました。その際にあの『和の鉄人』が名指しで指名し、使用されたのが丸新製麺のほうとうでした。この模様はテレビでも大々的に中継され、その後大反響を巻き起こしました。地元山梨では「麺の巨匠」などとも言われております。その技を駆使した麺作りには誰もが納得出来るほど。店主の出し惜しみしないその豊満な性格もポイント↑です。甲州ほうとう、吉田のうどんに合う絶品な味噌といえば富士吉田の丸甲味噌です。商売が難しく、滅多に取引さえ、させて頂けませんが^^;なんとか当社で扱うことを許されました。超が付くほどの麺処。富士五湖住人の舌を納得させてきた丸甲味噌。その味噌の風合いは、古くから味噌ベースのほうとうを食べてきた地元民を支えてきました。現在脚光を浴びてきた吉田のうどんの流れもそのひとつ。現在でも第一線でご活躍されている証なのが間違いの無いその美味しさ(腕)にあるのかも知れません。頑固職人というのもまた味わい深いです(これ見てたら怒られちゃうかも・・・笑)お試し価格でどうぞ^^丸新製麺・生ほうとう3袋 約6人前丸甲醸造 米味噌 1kg 1袋丸新製麺生ほうとう原材料小麦粉、塩、酒精※同製造ラインにて「たまご・大豆・そば」を含む製品も作っております。内容量1袋260g(約2人前) x 3袋(約6人前)賞味期限冷蔵14日間、冷凍90日間、冷暗所5日間冷凍保存して下さい丸甲醸造米みそ原材料大豆(遺伝子組み換えでない)・米・食塩・酒精内容量1kg賞味期限180日免責事項夏場、袋が膨張することや、白カビが生ずることがありますが、品質には何等支障ありませんので混ぜ込んでご使用下さい。項一緒に買ってさらにお得にGET !


レビュー平均:4.71
 
商品カテゴリ
おすすめサイト
ゴールドカード